So-net無料ブログ作成

ソチ五輪 主将と旗手が決定 金メダル3つ [五輪・世界大会]

Sponsored Link

日本オリンピック委員会(JOC)は14日、2月7日~2月23日まで開催の
ソチ五輪日本選手団の主将と旗手が決定したことを発表しました。ジャンプ・
スケート・フィギュアなどで金メダル3つ以上への期待が高まります。

主将を任命されたのはノルディックスキー・ジャンプの葛西紀明選手(41)、
旗手にはカーリング女子の小笠原歩選手(35)、そして、副将はスピード
スケート女子の田畑真紀選手(39)が選ばれました。
葛西選手は夏季五輪を含め最年長の主将に。出場すれば冬季五輪史上最多となる
7度目になります。今季はW杯で10年ぶりに優勝するなど好調を維持しており、
メダル争いが期待される活躍を見せています。

一方、旗手の小笠原選手は2002年ソルトレークシティー、06年トリノ五輪
代表。それから結婚、出産を経て競技に復帰し、2大会ぶりの五輪。JOCに
よるとママさん選手としての旗手は初めてのことだとか。

また、今大会の競技場は氷上競技中心の臨海部、雪上競技中心の山間部で会場が
別れています。そのため、人選を任された橋本聖子団長は「臨海部にも主将格の
選手を置いておきたい」とのことから、5大会目の五輪となる田畑選手を副将に。

この後、選手団は20日に都内で結団式を行ってから、ソチへ向かうことになり
ます。話題の選手が数多くいる中での今大会、どんな活躍を見せてくれるか注目
です。また寝られなくなりそうですね。



Sponsored Link


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。