So-net無料ブログ作成

滝クリ IOC委員 名スピーチ 心に届いた [五輪・世界大会]

Sponsored Link

フリーアナの滝川クリステルさん(36)が、2020年五輪開催地を決定する最終プレゼン
テーションでIOC委員に対して得意の仏語で名スピーチを行いました。

テレビのニュースでも紹介されましたが、和服を着て「東京は皆さまをユニークに
お迎えします。お・も・て・な・し」と両手を合わせて一言ずつ語りかけ、日本の
伝統的な精神をアピール。このメッセージが委員の心に届いたはず。

さらに「昨年、現金3000万ドル(約30億円)以上が落とし物として東京の警察署に
届けられました」と、落とし物が財布にあった現金であっても落とし主に戻っている現実を伝え、日本人のマナーと治安の良さを強調しました。

さらに、懸念の声が上がっていた原発汚染水流出問題は、安倍首相の「コントロール
されてる」との保証されたこともあってか、決選投票に勝ち上がってきた対抗馬
イスタンブールに60対36で圧倒し、東京が開催都市に決りました。

決定後の滝川さん、「本当に泣いてました、私。だってうれしいんですもん。
プレッシャーはありましたが、本番にピークを持って来ました」と感動に目を
潤ませていたとか。このスピーチで仕事が増えるのかも、今後が注目です。



Sponsored Link


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。