So-net無料ブログ作成

松井秀喜 米球宴 人気は選手並み [メジャー・リーグ]

Sponsored Link

5月には巨人、そして7月28日(日本時間29日)にはヤンキースで引退セレモニーを
控える松井秀喜氏(39)が、米球宴を生中継する「NHK・BS1」にゲスト解説者と
して初出演しました。

松井氏のニューヨークでの人気は選手並みのようで、試合前に会場のシティ・
フィールドに現れると日米の報道陣が群がってきたとか。

それからグラウンドに姿を現した松井氏、ヤンキースのカノ二塁手、タイガースの
ハンター外野手らの元同僚と談笑。さらに今季での引退表明をしたヤンキースの
リベラ投手とも握手を交わすと、カメラマンが一斉にシャッターを。

「松井はボクやリベラのことはよく知っているので、素晴らしい解説をする
だろう」とカノ二塁手。やや緊張気味の松井氏でしたが、解説者としては
無難な立ち上がりだったた様子。

それでも解説者として最初の仕事ともいえるダルビッシュ投手と岩隈投手への
取材では、「登板を楽しみにしていたけど残念。楽しんでください」と緊張の
面持ちでエールを。

それが移ったのか、声をかけられた2人もぎこちない様子となってしまい、
ダルビッシュは「対戦してみたかったです」と恐縮した表情でであいさつして
いたのは見ているほうとしては面白さを感じたのでは。

しかし、試合が始まると、選手の特徴や経験をしっかりと解説、自身の2度の
球宴出場についても「思いっきりホームランを狙っていました。でも球宴出場は
自信になったし、その後の野球の転機となった」と語っていました。

そして、次は松井氏を大親友と言ってはばからないジーター遊撃手も怪我から
復帰しているなかでヤ軍の引退セレモニー。どんなサプライズが待っているのか
注目です。きっとBSでも生中継されるでしょう。

Sponsored Link


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。